新川上分(下久下村)
  荒井筏問屋
江戸の町建設のため、秩父の山から木を切り出し、材木を筏にして久下まで流し、新川河原で筏舟をつくりました。上分の農家は筏職人を泊める民宿農家が何軒もありました。上分の河原は筏の上に舟を組み立てる作業でずいぶん賑やかでした。荒井筏問屋は筏を専門に扱う問屋でした。また「白蛇(はくじゃ)さまのお祭り」は荒井家が中心になって行いました。